シミやそばかすは薄くできるのか〜違いも知る

シミやそばかすは薄くできるのか〜違いも知る

シミとそばかすはどちらも肌にできた色素沈着と言う共通点があります。しかしシミは、紫外線や肌を擦るなどの物理的ダメージによって、メラニン色素が活性化することで発生する仕組みであるのに対し、そばかすは遺伝性のものであることが多いと言う特徴があります。

 

この点が両者の大きな違いです。ただしそばかすも、紫外線ダメージなどにより色が濃くなることはあります。この違いを踏まえた上で両者を薄くすることは可能なのかどうかについてですが、これは可能だと言うことができます。まずいちばんの方法は紫外線ダメージを防ぐことです。

 

先にも述べたとおり、両方とも紫外線ダメージにより発生したり、色が濃くなったりします。ですから年間を通じて紫外線対策を行うことで、色を濃くするのを防ぐ、ひいては薄くすることに対しての効果を期待することができます。

 

また紫外線ダメージと同じく、メラニン色素を発生させるような行為、肌を強く擦ったりすることも避けるのが必要です。特に日々の美白ケアにおいては、つい力を入れ過ぎてしまうと言うこともあるかもしれません。

 

しかし良かれと思ってやっているそのことが、逆に色を濃くさせる要因になることもあるので、肌に触れる際にはソフトタッチが第一です。そして肌の代謝を促すために、ビタミンEやビタミンA、抗酸化力のあるビタミンCが含まれた食事をとること、質の良い睡眠をとることも薄くするための方法のひとつです。

 

 

ハイドロキノン、シミを薄くする成分

塗り薬でシミを薄くすることはできます。中でも安全で刺激が少なめな成分は「ハイドロキノン」です。それはコーヒーやブルーベリー、ストロベリーから得られる天然の物ですから、問題は少なめです。皮膚を白くする作用がずば抜けていますから、短期で結果を出したい方にも使えると思います。

 

シミを化粧品で消すのはかなり難しいです。できたとしてもかなりの時間を必要としますから、できるならハイドロキノン配合の塗り薬を使ってほしいです。美白作用はとても強いですから、頑固でしつこいシミにも効き目はあります。

 

実はその天然成分はとてもデリケートで不安定な様子がありますから、化学物質を使わないと安定させるのが難しいデメリットが悩みの種です。医薬品に配合してあるハイドロキノンは欠点をカバーしていますから、安定した作用に期待できるかと思います。

 

しかし、他の物質で刺激を受けるかもしれないですから、使うなら医師との相談は必要です。

 

ハイドロキノンを使うにあたって、他に注意してほしいのは、塗った後に太陽の日差しに当たらないように気をつけて下さい。その天然成分は劣化しやすく、紫外線に弱い性質があります。欠点に注意すればすごい効果に期待できます。